スライダー記事

食道疾患

1.食道ガン
食道粘膜上皮から発生する悪性腫瘍。組織学的には90%以上が扁平上皮癌である。

『疫学』
60歳以上の高齢男性に多い
悪性腫瘍の死因第5位
男女比5:1

『成因・病態生理』
成因は明らかでない。危険因子とされているのはアルコール喫煙熱い食物
発生部位は中部食道に多く、次いで下部食道に多い。

『症状』
初期は無症状、あるいは嚥下時にしみる程度
進行癌では、食道狭窄による嚥下困難 → 体重減少
周囲臓器への浸潤による症状
 ・食道・気管支瘻の形成により嚥下性肺炎
 ・大動脈への浸潤により大出血を起こす吐血
 ・反回神経を巻き込むと声帯が動かなくなり嗄声
 ・交感神経を巻き込むと同側の眼瞼下垂、縮瞳(ホルネル症候群
 ・迷走神経圧迫刺激で徐脈
 ・上大静脈を圧迫した時は顔面浮腫(上大静脈症候群)

『診断』
早期発見には内視鏡検査が有用。
ルゴール塗布による観察・生検組織診断。透視検査(病変の部位・進展の判定)
肉眼的分類は胃がんとほぼ同様。

『治療』
早期癌では内視鏡下粘膜切除術(ポリペクトミー(ポリープ切除術)
進行したものには外科手術による切除が基本的
手術不能例には放射線治療・化学療法あるいは食道ステントによる食物通過路確保
等で対応

『予後』
5年生存率は進行度によって異なるが20%前後と考えられている。

参考:臨床医学各論 第2版

ダイエットは、こうでなくちゃ....

三密を避けて、リモートよりダイエット相談受付中

夏は目前、今からゆっくりスタート開始

お一人、お一人に寄り添ったオーダーメイドのカルテをお作りします。お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事