スライダー記事

第1章 感染症  『3』性感染症(STD)

エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)ヒト免疫不全ウイルスによる。→レトロウイルス科のRNAウイルス。5類感染症。

「疫学」
全世界での感染者・生存患者数4200万人(推定)(2002年)我が国での感染者:5286人、患者数(届出数)2624人(2003年)

「成因・病態生理」
HIVはCD4陽性Tリンパ球に感染してその機能を破壊する。→免疫能低下による日和見感染

感染経路は
①HIV患者との性交渉(原因の80%)
②HIVが混入した血液製剤の輸血
③HIV感染者の妊娠・出産(母子感染)

「症状」

急性期 感染後2~4週間
発熱、咽頭炎、リンパ節腫脹、関節痛、筋肉痛、皮疹などかぜ様症状
→数週間で消える ・・・windou period:空白期間
む症候期 数年から十数年
特別な症状無し。次第にヘルパーTリンパ球が減少→免疫力低下
エイズ関連症候群期 表在性リンパ節腫脹、体重減少、発熱、下痢などの消耗状態
エイズ発症期 日和見感染:口腔・食道カンジダ症、帯状疱疹、ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)サイトメガロウイルス肺炎悪性リンパ腫カポジ肉腫等脳炎を起こして神経症状(認識、行動障害、無気力、無関心)をみることもある。

「診断」
血中のCD4陽性Tリンパ球減少。血清学検査、遺伝子検査など

「治療」
抗HIV薬(逆転写酵素阻害薬、タンパク分解酵素阻害薬など)日和見感染対策に抗菌薬。悪性腫瘍の合併には制癌剤

「経過・予後」
エイズ発症後は予後不良

痩せたい?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事