女性薬剤師が不妊・妊活でお困カウンセリングができる漢方薬局です。漢方で妊娠しやすい身体作りを応援します。

妊活相談

  • HOME »
  • 妊活相談

漢方による不妊治療

漢方はピンポイントで効き目のある西洋医学の薬とは異なります。
しかし、心身のコンディションを整えて、身体機能を高めることで
妊娠しやすい体質を作っていくことができます。
また、不妊だけに留まらず「万能治療」を目指しております。

不妊の原因は?

「7組に1組が不妊で悩んでいる」といわれている現在。健康な男女が、赤ちゃんを希望し定期的に夫婦生活がある場合、1年以内に8割、2年以内には9割の方が妊娠にいたります。日本では1年経っても妊娠しない場合を「不妊症」と定義しています。不妊の原因は男女ともに半々あり、双方に問題が見られることもあります。妊娠は①順調な整理
②元気な卵胞の発育と排卵
③卵の取り込み(卵管の通過)
④元気な精子と出会い受精
⑤受精卵の分割
⑥着床環境など数多くの条件をクリアして始めて成立します。妊娠は「奇跡の連続」でもあるのです。

これらのどこかに問題があると、自然妊娠が難しい場合があります。
まずは、「自然妊娠できる力があるのか?」30代前半なら1年、30代中盤以降なら半年をメドに2人そろって専門機関で検査してみてください。

個々の状況・問題に応じた、漢方での妊娠準備はおすすめです。

元気な赤ちゃんを授かるには

元気な精子と卵子が出会うことと、タイミングの取り方がポイント
近年「卵子の老化」への認識は深まりつつありますが、精子だって老化します。男性の年齢上昇に伴い、パートナーの妊娠率の低下や流産・死産率の上昇、赤ちゃんの先天異常の増加が報告されています。
女性は35歳から急速に、男性も35~40歳頃徐々に妊娠力が低下しますので、少しでも早く妊娠に向けてトライすることです。流産は全妊娠の15%にみられ、珍しいことではありません。初期流産の多くは赤ちゃん側の遺伝子異常ですが、流産を繰り返しているなら漢方で2人の身体を整え、赤ちゃんを守る安胎法でサポートすることをおすすめします。

漢方による処方の在り方

●漢方では、妊娠しやすい母体、流産しにくい母体を作ることを目指します。

●人によって原因が違うので、生理などの状態や状況、体質、体調などによって、お一人、お一人、使う薬が違ってきます。

●月経周期で変化する女性ホルモン分泌に合わせて「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」に漢方薬を飲み分ける周期調節法を行っています。

●お医者産のお薬を飲んでいる方も薬の併用ができるので安心です。

不妊症に対して、漢方ができること

●生理を整える

●血の室をよくする

●子宮、卵巣の血液循環をよくする

●子宮内膜を厚くする

●ホルモンバランスを整える

●自力でホルモンが分泌できるよう体質改善する

●冷えを改善する

●ストレスの軽減

●流産予防

●体の中の余分な水分を出し、解毒する

●安胎作用

●質の良い卵を作る身体作り

●卵巣機能の「若返り」「老化予防」

おなは薬局

電話番号:098-884-2204

おなは薬局 TEL 098-884-2204 受付時間9:00~21:00(日曜日休み)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

*漢方薬を始めてみたいのですが ※

①予約をお願いします。
相談日:火・水・金・土曜日
午前10時~午後6時
休日:日曜日
予約電話(098)884-2204最初のカウンセリングには1時間~1時間半位かかります。基礎体温表をつけている方は持参いただけるとより安心です。
(なくても大丈夫です)②問診個人の体質を把握するために、体に関する質問をしていきます。この時、基礎体温表を参考にします。③体質にあった漢方薬の選択初回は2週間分くらいの漢方薬をおだししています。
次回からは希望日数分(1ヶ月以内)をおだししています。④妊娠しやすい体作りのアドバイス
食事・運動・生活習慣・思考

*費用はどのくらい?*

費用はその人によって変わってきます。1ヶ月分で約3万円です。年齢が上がるほど、かかる費用が高くなる傾向があります。また、毎月かけられる金額を提示していただければ考慮します。

Copyright © おなは薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & Onaha pharmacy by Onaha,Inc. pharmacy.